あらゆる分野において国際的な需要が高まっているiso取得

人差し指を立てる人

わかりにくいiso取得についてわかりやすくご紹介

iso取得について、詳しくわかっていない方は大勢いるのではないでしょうか。isoと検索して調べてみても、業界用語過ぎてわからないという方もいるはずです。では、簡単に言います。isoとは「国際基準化機構」、すなわちiso取得とは、ものごとの基準を決めて正しい判断が出来るようになるという事です。
このiso取得マークが書かれたものは結構身近にあります。カメラなんかは一般的ですね。カメラもisoで品質を決められているのです。実は、非常口のあのマークもです。しかも、全世界で使用されているあのマーク、日本人が考えたアイデアなんです。もともとはソ連案に決まっていましたが、1982年のロンドン会議でソ連自国が案を取り下げました。そして日本案がこのisoの案になりました。その後、微妙な修正を入れて今の非常口マークが出来たのです。
isoにまつわる話をしましたが、例として捉えてください。すなわち、あの非常口マークがiso取得をしたおかげで、全世界の方が「このマークは非常口だ」と認識され、浸透されています。iso取得をすることによって信頼される企業になるほか、判断基準が定まっているので効率化が図れます。isoについて、なんとなくご理解できましたでしょうか。

TOP