あらゆる分野において国際的な需要が高まっているiso取得

人差し指を立てる人

iso取得のベストプラクティスを知る

企業がiso取得を目指す場合、社内に専任の人間を置いて自社内のリソースによる取得を目指す方法と、外部のコンサルタントの力を借りる方法とがあります。どちらも一長一短があり、企業の内部事情によっても変わってくるため一概に優劣を決めることはできません。それぞれのメリットデメリットを理解して、最適と思える方法を選ぶことが大切です。自社内のリソースでiso取得を目指す方法では、社内から複数名の人材を選出してチームを結成し作業を担当させます。
この方法は自社の社員を活用できるため、費用的に安く済むというメリットがあります。すべて自社内で行うことでiso取得に向けたノウハウの蓄積が可能になるため、今後違うシステムのisoを構築する場合にも有利になります。デメリットとしては、iso取得に必要な社内のルール作りなどに時間がかかることがあげられます。
社員にノウハウや知識が乏しい場合には、効率が低下することも念頭に置かなければなりません。一方で外部のiso取得コンサルタントに依頼する方法なら、費用はかかるものの短期間での取得が実現できます。社内のルール作りなど、必要なものについても適切な指導を得られるというメリットもあります。取得後のフォローもしてくれるなど、総合的なアドバイスを受けることができます。

TOP